JAPAN PORTAL

エロい英国美女のが耳元で囁く!?ライブカジノを体験せよ!

最近よくオンラインカジノのレビューを頼まれることが多くなった。大人気オンラインカジノレビューというタイトルで書いてくれというわけだ。そんなわけで、まったくカジノに無縁だった自分が、最近は毎晩毎晩あちこちのオンラインカジノで遊びまわって大人気オンラインカジノレビューというコラムを書いている。 あちこちのカジノを回った感想としては、vera&jonhは頭一つ抜け出している感じだ。一番いいのは、いいサーバーを使っているから、どんな時間でもネットワークが詰まることがない。それと登録しなくてもとりあえず遊ばせてもらえるから、気がついたらかなり遊んでいることが多いし、今ではしっかり登録して結構なお金を預けて遊んでいる。 そんなわけでずっとVera&jonhを中心に使っていたわけだけど、先日て大人気オンラインカジノレビューというコラムを書いてくれと頼んできた編集者からジャックポットカジノについてのレビューを依頼された。(ジャックポットシティカジノについての詳細はこちらのジャックポットシティオンラインカジノ評価からご覧ください)そこで早速ジャックポットシティカジノを体験してみた。 結果はイマイチだった。 まずサーバーが遅かった。時間帯が悪かったせいかもしれないが、待ち時間が長かった。それからデモ版を遊ぶのも登録が必要だった。登録が必要なのは普通なのだが、他のサイトで慣れているとこれが忌々しく感じる。選べる種類は、カジノ、ライブカジノ、ベガスという3種類で、それぞれカジノゲームがかなり豊富に揃っている。一見やぼったくて、あんまり中身が揃っていないように見えるのだが、カテゴリ別にソートされているので分量自体は多い。 けど、そんなことを吹き飛ばすものがジャックポットシティカジノにはあった。 ライブカジノだ。 僕はもともとスロット派なのであまりライブカジノはやらない方だ。昔の画質が悪質なビデオライブの影響かもしれない。そんなわけでほとんどやってこなかったライブカジノだけど、ジャックポットシティカジノではなぜかライブカジノに入っていた。 ここも表示されたものは少ないように見えたが、そこからさらに分岐されていて、色々なテーブルを選択できた。 そこで出会ったのが、「スザンヌ(仮称)」だ。 胸元がぱっくりとあいた白のドレスをきた美人だった。もちろん化粧もバッチリだ。しかもカメラワークがすごい。4カメくらいつけている。だからルーレットのアップも、スザンヌのアップもある。あと、音がやばかった。ものすごい耳元で、美人の流暢なクイーンズイングリッシュを流されて、ルーレットにボールが落ちる音がでる。それで彼女のアップだ。画質も高画質だから、本当に話しかけられている感じになって、いい歳なのにドキドキした。悔しいことだ。音の臨場感がやばいから、本当にその場でルーレットを打っているような気分になれた。そしてスザンヌ。艶かしい体と、耳元で囁くような流暢なクイーンズイングリッシュを存分に聞いていると、自分がどこにいるのかを忘れてしまった。 もう、これは、あれだ。ありだ。 ライブカジノに誤解を持っている人に是非体験してほしい。 ジャックポットシティカジノについての詳細はこちらのジャックポットシティオンラインカジノ評価からご覧ください。   そのほかにも面白いものがたくさんあるから、是非大人気オンラインカジノレビューとか読んで、挑戦して、ドキドキするような経験をしてほしい。最高だ。        

Read more

日本でのインターネットギャンブルの現状

現在日本では、カジノの合法化に向けて様々な討論が交わされています。日本は2020年にオリンピックを開催することもあり、それに向けて日本はカジノ合法に向けて確実に足を進めていると言われています。 では、これまで一部のマニアにとって人気だったインターネットギャンブル、いわゆる「オンラインカジノ」の現状はどのようになっているのでしょうか。 インターネットギャンブルの昔と今 海外ではリゾート型のカジノはもちろん、インターネットやテレビ、街角のショップでギャンブルやスポーツブックなどが日常的に楽しまれています。しかし日本では、公営ギャンブルしか認められていないため、インターネットで海外の企業が運営するカジノでギャンブルを行うことは”グレーゾーン”と言われてきました。 10年前は、日本人向けのカジノサイトは少なく、一部のマニアのギャンブラーが海外のカジノサイトを独自に調べてプレイしていることも多かったようです。しかし、そこから徐々に日本語化されたサイトが増え、サポートやサービスも日本人向けに改良され、非常にプレイしやすい状況に整ってきました。 昔はデスクトップ型のパソコンでカジノから専用ソフトをダウンロードすることでカジノゲームがプレイできましたが、今はパソコンはもちろん、スマホやタブレットがあればどこでもすぐにインターネットギャンブルをプレイすることができます。 日本でのインターネットギャンブルにおける違法性 先ほども触れたように、日本国内で海外で運営されているカジノサイトにアクセスしギャンブルを行うことは、長い間”グレーゾーン”と言われてきました。しかし2016年、国内で初めてインターネットギャンブルによる「単純賭博罪」として『略式起訴』されるという出来事がありました。インターネットでギャンブルをしてる限り、このようになる可能性は無くはありません。 今回の件で略式起訴を受け入れ罰金を支払った人もいれば、なんと裁判の末不起訴になった人もいます。これはインターネットギャンブルは違法なのか合法なのか判断が非常に難しいということをあらわしています。 インターネットギャンブルのプレイは自己責任で 以上のことから、インターネットギャンブルを楽しむ場合はあくまで自己責任でということは忘れてはなりません。国内で楽しむとしてもプレイするカジノをよく選び、収支の公開や派手なプレイは避けたほうが賢明でしょう。 もちろん海外からプレイを行うぶんには何も問題ありません。

Read more

日本人がオンラインカジノをプレイすることは違法?

みなさんご存知の通り、日本国内での賭博行為は競馬や競輪など公営のギャンブルを除いては基本的に禁止されています。 パチンコ・パチスロはよく議論がなされるところですが、「三店方式」という方法を用いて景品を現金に変えるため、日本国内でも違法ではない形でギャンブルが楽しまれています。では、海外で運営されているオンラインカジノを日本国内でプレイすることは違法になるのでしょうか? 海外のカジノにネットでアクセスするとどうなるの? そもそもオンラインカジノは、海外の合法的に運営されている大企業が提供している場合がほとんどです。もちろん中には認知度の低い怪しいオンラインカジノの業者も存在するかもしれませんが、日本人に人気があるカジノはいずれも信頼性の高い海外の大企業が運営しています。海外ではランドカジノはもちろん、ネット上でのギャンブルも大変人気があり、日常的に楽しまれている娯楽の一つです。 このように海外で合法的に運営されているネット上のカジノに、日本からアクセスしてプレイした場合は違法となるのか、長い間明確な法律は存在せず「グレーゾーン」と言われてきました。 現在も、海外のサーバーにアクセスしてプレイするネットカジノについて、国内の明確な法律は定まっていないのが現状です。 日本初の逮捕者!オンラインカジノは違法!? しかし2016年の3月、国内で初めてオンラインカジノプレイヤーが逮捕されるという事件が起きました。法律が定まっていないのになぜこのようなことが起きたのでしょうか。その理由は以下のように言われています。 ・カジノ側が提供していたサービスが極めて日本人限定向けであったこと (日本人ディーラー、日本語チャット、日本時間に合わせたサービス運営など) ・プレイヤーがプレイの履歴をブログやSNSで公表していたこと (ベットの内容や個人のIDなどが確認できたこと) これらのことから、海外にサーバーを置くオンラインカジノでも実際には日本向けのカジノであると判断されたことから、国内で賭け麻雀などをするのと同様に「単純賭博罪」の容疑となりました。結果的に逮捕者は略式起訴となり、罰金を支払う形となりました。しかし、「逮捕=有罪」という訳ではなく、「賭博罪には問われるが、必要的共犯が無い状態」での逮捕となったことから、裁判では有罪となるのか無罪となるのか専門家も注目をしているというのが実際のところです。 これらのことを踏まえて、日本国外からのプレイはもちろん問題ありませんが、国内でのオンラインカジノのプレイはあくまでも自己責任となります。こういった現状をよく理解してプレイするカジノを選び、プレイ内容を公表することは避けた方が懸命でしょう。

Read more

カジノリゾートホテルMGM 日本のカジノリゾートへ100億ドルの投資に興味

アメリカ合衆国ネバダ州ラスベガスを拠点とする大手カジノホテル「MGMグランド・ラスベガス(MGM Grand Las Vegas)」は、日本にカジノリゾートを建設する場合、最大100億ドルを投資することに関心を示しているとロイター通信が報じています。 MGMグランド・ラスベガスのCEOジム・ミレン氏は、東京、横浜、または大阪にカジノリゾートを建設することが可能だとコメントしました。日本のカジノ賭博市場は、毎年400億ドルの価値があると推定されています。 MGMグランド・ラスベガスの100億ドルにも及ぶ投資は、ライバルであるラスベガスサンズ(Las Vegas Sands Corp)が日本に投資する額と並ぶと言われています。日本にカジノリゾートを建設するプロジェクトは、いずれもホテルや商業施設などの設備が含まれたものです。 日本のカジノ法案については、11月に重要な投票が予定されています。 数年前カジノ業界と政府の関係者は、2020年の東京オリンピックに向けて日本でカジノが合法化されカジノがオープンとなるよう訴えかけていました。 MGMグランド・ラスベガス(MGM Grand Las Vegas)」は、今年の後半にナショナルハーバーで13億ドルのカジノを開設する予定で、さらにアトランタのカジノも狙っており、MGMにとっては忙しい一年です。また、MGMはラスベガスに移住するNBAチームを獲得しようともしています。

Read more

ジャックポットスロット:メガフォーチュン・ドリームスで約4.8億円の大当たり!

NETENT社の人気ジャックポットスロット「MEGA FORTUNE DREAMS(メガフォーチュンドリームス)」にて、なんと400万ユーロ、日本円にして約4億8千万円のジャックポットが落ちました! スウェーデン人の男性がマリア・カジノにて約4億8千万円のジャックポット獲得! NETENT社のスロットはこの2〜3週間は非常に好調で、人気スロット「Hall of Gods(ホールオブゴッズ)」で1100万ユーロ(日本円にしてなんと約13億円!)のジャックポットが落ちたばかりでした。この巨大なジャックポットが落ちてわずか2週間後に、立て続けに「MEGA FORTUNE DREAMS(メガフォーチュンドリームス)」で400万ユーロ(約4億8千万円)が叩き出されたのです。 この巨大なジャックポット額を手にしたのは、62歳のスウェーデン人の男性です。 彼は「マリア・カジノ」にて「MEGA FORTUNE DREAMS(メガフォーチュンドリームス)」をプレイしていたところ、この幸運を掴み取りました。 彼にとっては非常にショッキングな出来事で、大当たりの後の簡単なインタビューでは、何が起こっているか彼自身理解することができず、無言だったと言います。彼は、長年支えてくれた家族にお金を使う予定だと説明しました。 NETENT社のチーフプロダクトオフィサーであるSimon Hammon氏は、プレイヤーの喜びを報じ、このニュースは企業全体の喜びでもあることを強調しました。 NETENT社は、オンラインカジノ業界で最もよく知られているカジノのゲーム製作会社の一つです。 「MEGA FORTUNE DREAMS(メガフォーチュンドリームス)」ってどんなスロット?[…]

Read more