日本人がオンラインカジノをプレイすることは違法?

みなさんご存知の通り、日本国内での賭博行為は競馬や競輪など公営のギャンブルを除いては基本的に禁止されています。
パチンコ・パチスロはよく議論がなされるところですが、「三店方式」という方法を用いて景品を現金に変えるため、日本国内でも違法ではない形でギャンブルが楽しまれています。では、海外で運営されているオンラインカジノを日本国内でプレイすることは違法になるのでしょうか?

海外のカジノにネットでアクセスするとどうなるの?

そもそもオンラインカジノは、海外の合法的に運営されている大企業が提供している場合がほとんどです。もちろん中には認知度の低い怪しいオンラインカジノの業者も存在するかもしれませんが、日本人に人気があるカジノはいずれも信頼性の高い海外の大企業が運営しています。海外ではランドカジノはもちろん、ネット上でのギャンブルも大変人気があり、日常的に楽しまれている娯楽の一つです。
このように海外で合法的に運営されているネット上のカジノに、日本からアクセスしてプレイした場合は違法となるのか、長い間明確な法律は存在せず「グレーゾーン」と言われてきました。

現在も、海外のサーバーにアクセスしてプレイするネットカジノについて、国内の明確な法律は定まっていないのが現状です。

日本初の逮捕者!オンラインカジノは違法!?

しかし2016年の3月、国内で初めてオンラインカジノプレイヤーが逮捕されるという事件が起きました。法律が定まっていないのになぜこのようなことが起きたのでしょうか。その理由は以下のように言われています。

・カジノ側が提供していたサービスが極めて日本人限定向けであったこと
(日本人ディーラー、日本語チャット、日本時間に合わせたサービス運営など)

・プレイヤーがプレイの履歴をブログやSNSで公表していたこと
(ベットの内容や個人のIDなどが確認できたこと)

これらのことから、海外にサーバーを置くオンラインカジノでも実際には日本向けのカジノであると判断されたことから、国内で賭け麻雀などをするのと同様に「単純賭博罪」の容疑となりました。結果的に逮捕者は略式起訴となり、罰金を支払う形となりました。しかし、「逮捕=有罪」という訳ではなく、「賭博罪には問われるが、必要的共犯が無い状態」での逮捕となったことから、裁判では有罪となるのか無罪となるのか専門家も注目をしているというのが実際のところです。

これらのことを踏まえて、日本国外からのプレイはもちろん問題ありませんが、国内でのオンラインカジノのプレイはあくまでも自己責任となります。こういった現状をよく理解してプレイするカジノを選び、プレイ内容を公表することは避けた方が懸命でしょう。